2012年2月25日土曜日

「発酵物語」 地産地消を考える!

本日10時より、ここ妙高山麓都市農村交流施設にて
小濁発酵文化研究会主催で「地産地消フォーラム トーク&フード発酵物語」が開催されました。

小濁発酵研究会とは、妙高の食生活と関係の深い”発酵”をテーマに、発酵職に親しみ、
地元の農産物の生かし方を考える研究活動をしています。

参加者数は30人をこえ、交流施設がたくさんの人でいっぱいになりました。

内容は・・・小濁発酵文化研究会23年度研究発表 
ゲストを迎え、パネルディスカッション「これからの地産地消ってなんだろう?」
手作り発酵食「発酵物語定食」の試食会
を3部にわけ開催されました。

1部では、国際自然環境アウトドア専門学校卒業生の山口博さんが「魚突きと発酵」、会社員で2児母である清水緑香さんが「木の実で酵母づくり」、ねおかんぱーにゅ南部の村越洋一さんが「学校でできる味噌づくり~循環する食育プログラムのススメ」の各々の研究結果などを楽しそうに発表されていました。
休憩時には、自然酵母で作られたパンと麹そのままの味の甘酒がふるまわれました。


2部では、ゲストを迎えパネルディスカッション
ゲストは、有限会社かんずり取締役専務 東條昭人さん 鮎正宗酒造株式会社 飯吉由美さん
コーディネーターは、有限会社F&Cヨシザキ代表取締役 吉崎利生さん
 


参加者の皆さんは、それぞれのパネリストの地産地消についての思いを真剣に聞いていました。

3部は、研究発表をした村越洋一さんの発酵食品使った料理その名も「発酵物語定食」が出され、参加者の舌をうならせていました。

この映像は、youtubeで公開されるそうなので、興味のあるかたは是非みてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿