2014年1月25日土曜日

◇関山神社・宝蔵院歴史探訪◇

今日で第4回を迎えた 「関山神社・宝蔵院歴史探訪」はハートランドで行われました。
第1部は妙高(関山)の文化を語る会の内田進氏によるパネルを使っての講座、第2部は宝蔵院で供された食文化を知ろうという事で今日は「日待と月待」について学び「日待」で供された料理を再現しました。そもそも宝蔵院日記によると「日待と月待…古来、人智を超えた自然現象は崇拝の対象であり、太陽や月が昇り、沈んでゆく姿も人々の関心を集めた。日待は前夜から潔斎して寝ずに日の出を待って拝む習俗である。・・・・・・(略)・・・・宝蔵院では日天尊の掛軸を床の間に掛け神酒・膳・小豆粥などが供えられた。」とあり、「日待」の日の料理を再現しました。
 
  「日待」の日の料理

      1・わらびごはん         6・こんにゃくの甘辛煮
      2・たたきごぼう         7・煮大豆
      3・八杯どうふ          8・うるいしょう油漬け
      4・ぜんまいと筍の煮物     9・卵黄のみそ漬け 
      5・香者              10・串柿 

 
パネルを使って内田氏の講座

宝蔵院料理講習
  
日待ちの膳

全員で会食
  


2014年1月20日月曜日

◇長沢茶屋秘伝‼そば打ち体験◇

きょうは長沢そば秘伝のそば打ち体験と長沢特産の貴重なスジエビを使ったかき揚げ天ぷらを作りました。講師に長沢茶屋の鴨井さんをお迎えして、そばのつなぎにヤマゴボウの葉(みやまぼくちの葉)を入れる伝統の秘伝の技を伝授していただき時間をかけて作りました。スジエビの天ぷらとの相性も良く昼食に「オール長沢」を堪能しました。

乾燥したヤマゴボウの葉をもどす

ヤマゴボウの葉を入れこねる

薄くのばす

伸びたらしばらく放置

そばを折りたたみ3ミリ位に切っていく