2014年4月7日月曜日

♢斐太歴史の里トレッキング♢

 今年度最初の健康体験教室が友楽里館主催で行われました。
斐太歴史の里は弥生時代からの古墳など、たくさんの遺跡が眠る場所でもあり、また戦国時代には上杉家の鮫ヶ尾城があり、跡目相続争いで長尾景虎が自害したお城としても有名な場所です。そんな歴史の里には雪解けとともに咲き始める美しいカタクリの花の群生地としても有名で毎年県内外の人達が訪れるところです。
 妙高は雪の舞う厳しい日でしたが、平地に下って行くほど曇り空に変わり、予定どうりトレッキングが行われました。あいにくの天気でしたが午前中は何とか天気がもち、2名のガイドさんの歴史、山城の案内と足元に咲き乱れるカタクリの花や里山に咲く花の説明を聞き、無事に2時間半歩くことが出来ました。
その後、矢代地区の友楽里館に移動しておいしいお弁当と温泉入浴で楽しい一日を過ごすことが出来ました。

管理棟前出発

ガイドさんの説明

鮫ヶ尾城跡にて

友楽里館の竹の子弁当

0 件のコメント:

コメントを投稿