2014年5月23日金曜日

妙高365物語◇本格そば打ち◇


5月22日に開催された本格そば打ち講座は、そば打ちとうたっておきながら
そばは打ちませんでした。
ですが…そばの実を石臼を使い、「自分で挽いてみる」、「挽いたそば粉で料理する」の2つの事を学びました。

展示品の石臼は見たことがありましたが、実際に自分で挽くことができると思っていなかったので、とっても貴重な体験をさせていただきました。









想像していたより回すのに力が必要だったことに驚きました。
男性の参加者の方でも「重くて大変」と話していました。
2種類の石臼で挽いたのですが、出来上がったそば粉の粗さが違いました。
写真右側の石臼は、昔ながらの石臼で、挽き終わったそば粉はとっても粗いものでした。









フルイにかけ、できたそば粉を触ってみると、昔ながらの石臼で挽いたそば粉は粗いのですが、とってもしっとりとしていました。
そばの香りも昔ながらの石臼の方が良かった気がします。(私の気のせいかもしれませんが…)
機械で挽くより石臼の方が、摩擦熱があまり出ず、そばの実に負担を掛けずに挽くことができるそうです。そばの香りは、熱に弱いそうで機械で挽くと摩擦熱が高く、香りがなくなってしまうそうです。

次にそば粉を使った料理を教えていただきました。
作ったものは、「そば粉のロールケーキ」、「そば粉クレープ」、「そばガレット」の3種類。
そば粉でいろんな料理ができることを知り、感動しました。

・クレープは、生地を甘くせず、鴨肉がを入れた味噌をぬり、おかずとしてもおつまみとしてもいいものでした。

・ガレットは、クレープと同じ生地ではありましたが、焼き方にコツがありました。焦げる寸前までしっかり焼くのがポイントだそうです。
生地を流し入れ、すぐに卵を真ん中に割りいれます。周りにハム、細かく刻んだトマトとチーズを散らし、生地の端を織り込み四角にしてできあがりです。
朝食にでてきたらうれしい一品です。

・ロールケーキは、中のクリームがなんと、そば粉カスタードクリームです。ちょっとだけ味見をさせていただきましたが、ちゃんとそばの香りがするクリームでした。(おいしかったです)








小麦を使った料理や米粉を使った料理はたくさんありますが、今回の講座で
そば粉の可能性を学ぶことができ、とてもいい勉強になりました。

次回の本格そば打ち講座もお楽しみに!!

0 件のコメント:

コメントを投稿