2016年12月6日火曜日

♢菜園クラブ活動NO.15♢

 外はみぞれから雪に変わる天気の中、会員16名でこの秋収穫した秘伝豆の選別を行いました。メンバーの中には子供のころ、お膳を使って選別をしたことのある人がいて、手ほどきを受け90㎏の豆を約2時間できれいに選別することが出来ました。12月9日はこの秘伝豆を使い味噌づくり体験を行います。



2016年12月2日金曜日

♢菜園クラブ活動NO.14♢

 今日は、菜園クラブ忘年会を大滝荘で行いました。
 参加者は14名で午前10時半、大滝荘に到着後、お茶を飲みながら会員の岡田さんが、ここ上小沢集落出身のため、子供のころの生活や遊び、祭りについてなど話をしていただきました。その後、幻の大滝まで片道2.5㌔を全員で歩きました。途中の尾根から妙高山がよく見え気持ち良く歩けました。滝の水量は雪解け水も入りいつもより多く感じました。
 大滝荘に戻り、名物の大滝セットを食べながら会話が弾みゆっくり味わうことが出来ました。食後は、入浴やトランプゲームを楽しみ15時には大滝荘を後にして、一年の労を癒して来ました。

地元出身岡田さんの話を聞く

今日は快晴の妙高山.

記念写真

大滝セット

楽しい会食

景品のかかったトランプゲーム

2016年10月28日金曜日

♢菜園クラブ活動NO.13♢

 今日は玉ねぎの苗の植え替え作業を行いました。8月26日畑に種を蒔き、時々間引きをして育ててきましたが、天候不順も重なり思うようには育ちませんでした。ここに来てやっと大きくなってきたのでマルチ床に植え替え作業を行いました。これからの季節、雪の下で冬を越し春からの成長が楽しみです。




2016年10月23日日曜日

♢大毛無山トレッキング♢

 今日はあいにくの天候の中、大毛無山トレッキングを参加者29名スタッフ3名で実行しました。
 朝9時に友楽里館で受付を済ませ、バスとワゴン車に分乗して中腹の登山道入り口付近まで小雨と霧の中を進み、時折見える紅葉に感激の声が聞こえました。バスを降りて挨拶と準備体操を済ませ、ゆっくりと登山道に入って行きます。初めの上り坂は濡れた落ち葉が泥と混ざった足場の悪い道で20分ほど登ると、緩やかな歩きやすい道になり、落ち葉のふかふか絨毯の上を気持ちよく進むことが出来ました。相変わらず視界が悪く眺望がききませんが時折見える通路脇の真っ赤な紅葉に癒されました。登ること約90分で頂上に着きましたが、雨風が強く視界が悪いので集合写真を取り、早々に下山することにしました。
 13時前には無事にバスで友楽里館に着き、入浴と食事をゆっくりとり、今年の大毛無山トレッキングを終了することが出来ました。参加者の皆様お疲れ様でした。

友楽里館で受付
挨拶
準備体操
登山開始
紅葉の中を進む
山頂到着

2016年10月19日水曜日

♢菜園クラブ活動NO.12♢

 10月も半ばを過ぎ18日は秘伝豆の収穫を行いました。豆はからからに乾燥してはいませんが、少し早い時期に抜き取り、施設のテラスで乾燥を行います。参加メンバーは青くずっしり重い豆に美味しい味噌ができることを期待しています。乾燥後は脱穀と唐箕による選別があるため味噌づくりまでは、まだまだ手間がかかります。


大豆を抜き取り横に並べて置く
大豆を運びやすく束ねる
施設のテラスまで一輪車で運び出す

2016年9月27日火曜日

♢菜園クラブ活動NO.11♢

 連日の雨模様が、今日は久しぶりに妙高山が近くに感じるほどの快晴に見舞われ、予定通りサツマイモ堀を行いました。今年はシルクスイートと安納芋の2種類でしたが、安納芋は今年もあまり多く収穫できませんでした。なかなかむつかしい品種のように思います。





シルクスイートがよくできました

2016年9月3日土曜日

♢菜園クラブ活動NO.10♢

8月26日から9月2日までの間で、イタリアントマト・サンマルツアーノの保存瓶づくりの講習会と秋野菜を代表する大根の種まきや芽キャベツ、白菜の自家製苗の植え付け作業を行いました。この間台風の影響もなく順調に作業が進んでいおります。

トマトを洗ってへたを切り落とす
瓶に詰めてふたをする
ふたを強く締めて逆さにする
蒸したトマトにバジル、オレガノを入れてソースづくり
大根床の土盛り作業
大根種まき
白菜、芽キャベツの苗植え作業

2016年8月19日金曜日

♢菜園クラブ活動NO.9♢

 8月のお盆休み期間に会員全員参加でじゃが芋堀を行いました。5月10日に種イモを植えて約100日。植えた品種も「はるか」「インカの目覚め」「きたあかり」の3品種の収穫は予想以上でした。他にも今、盛んに収穫している野菜はトウモロコシ、ナス、イタリアントマト・サンマルツアーノです。画像を載せますので見てください。

はるかの収穫

イタリアントマト・サンマルツアーノ
とうもろこしゴールドラッシュの収穫
長ナス

2016年7月12日火曜日

♢菜園クラブ活動NO.8♢

 今日は会員19名と上越市を代表する久保田農園さんとかなやの里ワークスさんを訪ねて、私たちの足りないところを教えていただく視察会を行いました。先ずは久保田農園さんに伺い、久保田社長に一年を通じてハウスで作っているトマト栽培についての説明をいただきました。菜園クラブは路地での栽培ですが肥料や農薬については大変ためになりました。
 昼食は野菜直売所あるるん畑「レストランおかげさま」でランチ定食やカレーなどに、サラダバイキングを美味しくいただきました。
 午後からは、上越市の多機能型障碍者福祉サービス事業所かなやの里ワークスさんに伺い、先ずは畑の肥料「ぼかし」を乾燥しているところから見学して、この施設で作っているハウス栽培のミディートマト栽培、林の中での原木シイタケ栽培、農園で作っている十全なす、ししとうなど職員の滝沢さんに説明していただきました。大豆は収穫後、自家製麹で味噌を年間15トンを作り販売していると聞き、その設備や活動に驚かされました。
 今日お邪魔した施設の皆様ありがとうございました。

久保田農園到着
久保田社長
トマト苗木はつるしてあり、根本はきれいでした
レストランおかげさまのサラダバイキング
みんなで美味しくいただきました
かなやの里ワークスさん栽培の室内とまと
路地のナス栽培、きれいに手がかかっていました

2016年7月11日月曜日

♢古道 北条間道を歩く♢

 先日7月3日に「古道・北条間道を歩く」トレッキングが梅雨の時期の変わりやすい天候の中で行われました。妙高市水原地域の人たちが昭和の時代まで、峠を越えて長野県の飯山や野沢温泉に行くのに使っていた山道を、地域住民やボランティアの人たちと、春から道路整備を繰り返し戸狩り温泉とん平までの5㌔で復活記念イベントとして行いました。
 朝は小雨でしたが上小沢地区よし八池に着く頃には雨も上がり、ここで準備体操を行って、整備された古道入口から入って行きました。入口のブナ林を抜け、沢を渡り、稜線の小沢峠手前で激しい雨に打たれましたが、しだいに雨もおさまり、とん平に着くころには晴れて来ていました。途中で食べた大滝荘弁当が「たいへん美味しい」と参加者から声が上がっていました。
 帰りには大滝荘に寄って入浴と休憩を行い、新井市内にバスで下り、楽しいトレッキングは終了しました。
 同じコースを晩秋の11月3日に行いますので、皆様のご参加をお願いします。 

北条間道入口
小沢峠
休憩の合い間
好評だった弁当
晴れ間が出たとん平

2016年6月25日土曜日

♢菜園クラブ活動NO.7♢

 しばらくぶりの活動ブログです。この間、6月14日には作業終了後に妙高名物「タケノコ狩り交流会」を開催しました。妙高山系の太い根曲竹の子をジャガイモ、玉ねぎ、さば缶、溶き卵などを入れて、おととし菜園クラブで仕込んだ味噌味でおいしくいただきました。21日、24日と秘伝豆の土寄せやトマト類、きゅうり、ナスの先手作業や誘因など行いました。

大鍋での竹の子汁
竹の子ご飯も出ました
みんなでランチ
畑に直行
ミディーとまと誘因
ナスの3本仕立て
イタリアントマトも根ずきました。